ラッキーカラーは差し色で

PR|AGAの相談は大宮のクリニックで|宇都宮のAGAクリニック姫路で離婚の相談するなら | プラチナハードをお探しなら

あるカラーセラピストの方との出会いで、私の人生は変わりました。
それまで好きな色だった鮮やかな黄緑色を、躊躇することなくその人のアドバイスで身につけるようになったのです。
自分では似合わないと思っていたのですが、周りからは意外に高評価でした。
それ以来、自分の好きな色を気持ちに正直に身につけていこうと思いました。

 

ある日友人が家に遊びに来た時に、黄緑色に近いカラーのお花をお土産に持ってきてくれました。「なんだかとってもイメージに合う色だったから」と言われて、とても嬉しかったのを覚えています。
好きな色は、雰囲気としてにじみ出るのだなと思いました。

 

気分が上がるように、普段は黄緑色のお気に入りのカバンを持ち歩いているのですが、家にいる時も好きな色に囲まれようと、少しずつ黄緑色のファブリックを集めるようになりました。
カーテンやソファーなどは飽きのこないグレーで統一しているのですが、クッションやブランケットなどを黄緑色の物で揃えていくようになりました。

 

なんでもかんでも黄緑が良いというわけではありません。黄緑といっても色々な度合いがあるので、自分が本当に気に入ってピンとくるものしか買わないように気をつけました。
お家の片付けについて色々本を出されている、こんまり先生もおっしゃっていましたが、ときめくものだけに囲まれている生活は心を豊かにしてくれます。
家でくつろいでいる時に、ふと目に入る自分のラッキーカラー。気持ちがとってもプラス思考になるのを感じます。

 

よく自分の好きなカラーで全身コーディネートしていたり、部屋中を好きな色ばかりで統一している人を見かけますが、私にはそこまでしてしまうとカラーのパワーが強すぎて、かえって疲れてしまいます。
美味しいケーキはバイキングで食べるのではなく、1個を時間をかけて大切にいただくように、私は着るものでも部屋でも差し色でラッキーカラーを使うことで、ちょうど心身のバランスが取れているんだなと思っています。

PR|生命保険の選び方|童話|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|サプリメント|健康マニアによる無病ライフ|お家の見直ししま専科|女性向けエステ.com | 英会話ノウハウ勉強会 | ダイエットチャレンジ100日